消費者金融:延滞について知っておきたいこと

消費者金融:延滞について知っておきたいこと

キャッシングを利用した場合、返済は毎月行わなければならないのが一般的です。 ですが、人生何が起こるか分からないものなので、どうしても返済が厳しくなってしまうこともあるでしょう。
消費者金融の一括返済の注意点は?

そこで、万が一返済日にお金が用意でいなかった場合はどのような事態に陥ってしまうのかご紹介します。

まず理解しておきたいことが、多くのキャッシングでは返済に対する催促を何段階かに分けて行っているということです。 そのため、返済が滞っているからといって最初の連絡から高圧的に出られてしまうようなことはまずありません。

先に郵便で催促の連絡があり、その後に電話などで連絡があるのが一般的です。

注意しなければならないのが、催促の連絡に対して反応をしなかったり無視をしてしまうと、日に何度も電話がかかってきてしまうことがあるということ。 着信履歴を見て驚いてしまう方もいるかもしれません。

自動再引き落とし日がある場合、この日を過ぎるまでは郵便のみで対応している業者もいるようです。

それから、遅延損害金というものの存在についても知っておきましょう。 これは、引き落とし日の翌日から発生してしまうものです。

当然ながら延滞が長くなればなるほど遅延損害金は高くなってしまうので、できるだけ早めに支払って損を抑えましょう。 連絡をせずに返済もしないでいると、最悪の場合は自宅まで催促に来られてしまうこともあります。

電話を無視しておけばいいと考えるのは非常に危険です。 無視していれば支払わなければいいということは絶対にありえません。
大東銀行

そのような対応を取ってしまった場合、しっかり連絡をしておけば待ってもらえたような期日も認めてもらえなくなる可能性があります。 もし、返済日にどうしても払えないことがわかったら、その時点で連絡を入れましょう。

お金を借りている以上、返済日にお金を用意するのは当然のことですが、多少遅れてしまうとしても返済予定日をしっかり伝えられればほとんどの業者は承諾してくれます。

キャッシングでお金を借りる流れ紹介

これからキャッシングを利用したいと思っているものの、具体的な手続きや融資を受けるまでの流れがよくわからないという人もいるはず。 そんな方のために、実際に融資を受けるまでの流れについてご紹介しましょう。

まず、申し込み方法についてですが、これは電話や無人契約機、インターネット、郵送などの中から自分にとって都合が良いものを選択するといいでしょう。

申し込みの際に必要になる情報としては、名前、生年月日、電話番号、性別、住所、家族構成、住居の種類、居住年数などです。 また、勤務先に関する情報も登録しなければなりません。

こちらは会社名、会社の住所、電話番号、部署、従業員数、在籍年数、雇用形態、保険の種類、給料日、年収、業種などを伝えることになります。

それから、申し込みをしようと思っている業者以外にも借り入れがあれば、その情報についても書きます。

申し込みの際には規約をよく確認したうえで同意をしなければ進めません。 次に必要項目を記入して申し込みを済ませたら、審査が行われることになります。

ここでは在籍確認として、本当に申請した勤務先に勤めているのか?ということをキャッシング会社から勤務先に確認する作業があるのですが、これを不安に感じている方もいるかもしれません。

やはり職場にキャッシングを利用していることが知られるのは嫌ですよね。 しかし、在籍確認はキャッシング業者名を名乗らずに個人名でかけてもらえるので安心です。

これらの作業が済んで審査にも通ると、契約に関する詳しい内容が伝えられることになります。 あとは本人確認書類などを提出して正式に申し込みを済ませ、契約は完了です。

キャッシングをする際に使うカードについてですが、これは後日郵送されるところもあれば、無人契約機で受け取れるところもあるので、どういった形になるのか確認しておきましょう。

また、カードが手元に届く前に融資を受けたいという方のために、希望金額を振り込んでくれるところもあるので、こういったサービスもチェックしてみてはどうでしょうか。

キャッシングの申し込みに保証人は必要?

キャッシングといえば、保証人をつけなければならないのが一般的でした。 これは、仮に本人が怪我をして仕事をすることができなくなったり、なんらかの理由で返済ができなくなった時に代わりに返してくれる人を設定しておいたほうが業者側も安心だからです。

しかし、現在ではほとんどのキャッシングでは保証人を必要としていません。

そのため、昔よりもはるかに気軽にキャッシングを申し込むことができるようになったと言えるでしょう。 お金を借りることを周りに知られたくないという方も多いと思いますが、そういった方でも安心です。

ですが、先に紹介したように保証人というのは本人から取り立てができなくなった際に代わりに返済してくれる存在なので、保証人がいないというとどうしても業者側にリスクがありますよね。

それでも成り立っている理由についてご紹介します。

大きな理由として挙げられるのが、事前に返済能力をしっかり審査してから融資をしているため、貸し倒れのリスクが低いということが関係しているでしょう。

それに、仮に貸し倒れが起きてしまったとしても大きな痛手にならないように、消費者金融では金利が高めに設定されています。 こういった理由があり、総合的に見ると最終的には利益が出るような仕組みになっているのです。

つまり、返済のたびに支払っている金利の中に貸し倒れリスク回避のための費用が含まれているということですね。

確かに保証人不要で融資が受けられるというのはとてもありがたい話ではありますが、高い金利を支払うことになっているため、キャッシングはお得と考えるのは危険だと言えるでしょう。

ただ、これは個人で申し込みをするキャッシングの場合になります。 事業者向けに用意されているローンは保証人が必要となるケースもあるため、注意しておきましょう。

事業者向けローンは全て必ず保証人が必要というわけではありませんが、連帯保証人を求められることもあるので、気になる方は事前に確認しておいたほうがいいです。

↑ PAGE TOP